• TOP
  • >
  • ワタナベエンターテイメントカレッジとは
ワタナベエンターテイメントカレッジとは
スクールのコンセプト
100人いたら100通りのプロデュース
夢実現という目標に向かってやみくもに努力してもエンターテインメント業界では戦えません。また、ただ楽しむだけ、基礎を学ぶだけのスクールでは意味がありません。
WECでは業界で活躍できる人材を育成するための3つの柱“SSC”を大切にしています。
養成所じゃない。専門学校でもない。
私たちは「夢」実現No.1スクールを目指しています。
「衣・食・住」が今日を生きるために必要なものであるのに対し、映画、ドラマ、舞台、CM、バラエティ、音楽などのエンターテインメントは、明日を生きる勇気、未来を生きていくための希望そんな大きなチカラを与えてくれると私たちは考えます。 WECはこのような本当に素晴らしいエンターテインメントを創出できる人材を育成するために、エンターテインメントスクールにおいて「No.1」の教育環境を目指しています。
WECのNo.1環境とは

・私たちは学生個人の夢を実現するため「実績No.1」を目指しています。

・私たちはチャンス提供の場を広げるため「所属No.1」を目指しています。

・私たちは実践環境から学びを得るため「キャスティングNo.1」を常に目指しています。

・私たちはセルフプロデュース教育を推奨し「育成No.1」を常に目指しています。

・私たちは学生が安心して授業に集中できるように「安心No.1」を常に目指しています。

SSC

100人いたら100通りのプロデュース
夢実現という目標に向かってやみくもに努力しても
エンターテインメント業界では戦えません。
また、ただ楽しむだけ、基礎を学ぶだけのスクールでは
意味がありません。
WECでは業界で活躍できる人材を育成するための
3つの柱“SSC”を大切にしています。
Skill
専門スキル・テクニック
自分のチカラで生き残る。
エンターテインメントを志すうえで、最も基本的で重要な部分、それが技術力です。技術がなければ、仕事をこなせません。歌唱力のない歌手や、演技力のない俳優、面白くないコメディアンが生き残れるほど、エンターテインメント業界は甘くはありません。芸能界で長く活躍している人達を見れば、それは明らかです。しっかりとした技術をつけること。チャンスを大切にするWECですが、もちろん、最重要パーツである「スキル」の習得を育成の第一に掲げています。
Skill 専門スキル・テクニック
Skill
Self Produce
自己プロデュース能力
最高の自分を見つける。
自分はこれになりたい!という希望は、この業界を目指すのであれば誰でも思うことです。しかし、注意しなくてはならないのは、それが周囲の自身に対する潜在的な期待と合致しているかどうか。タレントとしての自分、歌手としての自分。あなたには無限の選択肢がありますが、その中のどこか一点に、周囲が期待する「あなた」がいて、そこに進んだとき、はじめて活躍できるのです。セルフプロデュース能力とは、その一点を模索し、そこへと歩んでいくことのできるチカラなのです。
Self Produce 自己プロデュース能力
Self Produce
Communication
コミュニケーション能力
次につながる関係を築く。
どんなにスキルがあっても、どんなにセルフプロデュース能力があっても、周囲とのコミュニケーションがとれないようでは、活躍は難しくなります。エンターテインメントの現場では、あらゆる職種のスタッフによるコラボレーションが、一つの感動を生み出します。アーティストだけがその外にいてよいということはありません。全てのスタッフが気持ちよく仕事を進められるよう配慮し、一方で自身のアピールを忘れないことが、次の仕事へとつながるのです。
Communication コミュニケーション能力
Communication

ピックアッププログラム

Pick up Program
エンターテインメントのノウハウを蓄積した
当スクールならではの特徴をご紹介
ワタナベエンターテインメント所属のアーティストが、自らの経験を振り返り、伝え、一緒に考え、成長する、配信による特別講義プロジェクト。 様々なアーティストの経験談やノウハウから、芸能界を目指す人に限らず、あらゆる方々の人生の指針作りになるべく実施します。

ハライチ岩井 「印象に残る漫才の作り方」

アンガールズ田中 「お笑い芸人・バラエティ番組論」

愛加あゆ 「元宝塚 雪組 トップ娘役、退団後の現在を語る」

山田裕貴 「後輩へのリアルアドバイス」

中川翔子 「ありのままの自分で夢を見る大切さ」

城田優 「エンターテインメント業界を志す人たちへ」

新納慎也 「人を愛してセンスを磨け!」

ハナコ(秋山寛貴・岡部大) 「コントの制作」

あしべ 「ものまねの作り方」

加治将樹 「私が思う演技の楽しみ方と役の幅の広げ方」

タレントによる特別講義
LABO
タレントによる 特別講義「LABO」
芸能界の既存のジャンルに捉われないSNS等を使った表現を経て、新しい自分を発見するプログラム。様々なインフルエンサー・クリエイターからプラットフォーム別でフォロワーを伸ばしていくためのノウハウを学び、インターネットの中で活躍できる自由な表現を身に付けるヒントを学びます。
ワタナベエンターテインメント所属
林 拓磨
講師の一人として
“林拓磨/はやたく”が決定
愛知・岐阜・三重・静岡の東海エリア4県のご当地イケメンボーイズを発掘する「TOKAIスクールボーイズ」オーディションにて、総応募数5,075名の中から選ばれた5人組ボーイズグループ「Hi☆Five」のリーダーを務める。中高生の間では知らない人がいない人気TikToker“はやたく”として活躍中!TikTokフォロワー数300万人を超え、再生回数6億4千万回を超えるなど国内外問わず支持されている。
インフルエンサー
創出プログラム
タレントによる 特別講義「LABO」
講師紹介
講師紹介
業界の第一線で活躍する講師陣
ワタナベエンターテインメントでは、業界の第一線で活躍する講師陣が直接指導しています。 流れの早いこの業界の中で本当に意味のある授業ができるのは現役のプロだからこそ。「プロ育成」のための環境をバラエティ豊かな講師陣から実感してください。

Detail

オンライン導入
オンライン導入
細かいダンスのステップをアップで確認できたり、演技の表情や表現が見やすかったりと、レッスンをより深く追求することが出来るのがオンラインならではメリットです。また、「録画することでレッスンを見なおすことができる。」「自分のカメラ写りを意識するようになった」など、好評を得ているレッスンプログラムとなります。

Movie

レベルチェック
レベルチェック
担当講師と担当スタッフによる
「業界基準」のチェック
自己PRや実技など日頃のレッスンに身についた技術が業界レベルに達しているのかを規定課題を通じて定期的にチェックします。様々な講師陣と担当スタッフが、プロの視点で審査を行い、順位がつくとともにアドバイスがもらえます。

ワタナベエンターテイメントカレッジ

資料請求・お問合せ

0120-30-0151

10:00〜21:00 ※年末年始を除く

資料請求・
お問い合わせ
オーディションに
参加する
Page
TOP