渡辺高等学校 東京校

0120-30-0151

【10:00〜19:00(年末年始を除く)】

HUMANISTIC EDUCATION 人間教育

エンターテイメントは
あなたを開拓する。

渡辺高等学院理事長 渡辺ミキ

渡辺高等学院は、エンターテイメントを単なるビジネスとして捉えるのではなく、人々に夢や希望、すなわち生きることのすばらしさを教えてくれる、人間にとってなくてはならないものと考えます。 それ故に、この素晴らしいエンターテイメントを創造するためには専門技術だけでなく、コミュニケーション能力やセルフプロデュース能力、そしてフレキシブルな対応力など、さまざまな能力が必要であると考えます。

そこで、渡辺高等学院では、専門的なエンターテイメントのレッスンを通じて、自分の個性を客観視でき、マネージメントできるセルフプロデュース能力や、自己主張の理解を得るためのコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

自分のなりたいものが見つけられない若者が多い中、夢を持てることは素晴らしいことだと思います。その夢に対して早期から取り組める環境をつくることは、夢実現に向けてのサポートだけでなく、人間形成においても大きく寄与できると考えています。

このように渡辺高等学院は、エンターテイメントの本質の理解を深め、自分自身に誠実で、作品と作品を共に作る仲間を大切にし、人間として価値のある生き方を追求する人材の育成を目的としています。

渡辺高等学院理事長 渡辺ミキ

EDUCATIONAL POLICY 渡辺高等学院 教育指針の三本の柱

人を磨く・
技術を磨く・経験を磨く

「可能性は無限大。多くの武器を身につけ、未来へ向かう」これが渡辺高等学院の育成方針です。
エンターテイメントのレッスンや学校生活の中で、知識・経験・礼儀・マナー・ルールなど、社会で生きていくために必要な能力を十分に身につけることができます。

渡辺高等学院の教育で身に付くチカラ渡辺高等学院の教育で身に付くチカラ
人間力育成
人が憧れる、人に尊敬される、人として当たり前の行動
1.自己開発プログラム
  • ・長所を見つけ出す
  • ・短所を見つめ直す
  • ・キャラクターを理解する
  • ・アピールポイントを作る
  • ・個性/可能性を探る
  • ・適性を見つける
2.セルフプロデュース
  • ・自己PR内容の整理
  • ・趣味、特技の活かし方
  • ・面接などの質疑応答力
  • ・履歴書からのアピール力
  • ・会話からのアピール力
  • ・プレゼンテーション力
3.コミュニケーション
  • ・人見知り/羞恥心の克服
  • ・挨拶や礼儀を学ぶ
  • ・協調性を身につける
  • ・対話を楽しむ
  • ・積極性の向上
  • ・空気を読む力を学ぶ
4.自分を磨く取り組み
  • ・業界用語/知識の理解
  • ・現場のルールの理解
  • ・本を読む大切さ
  • ・アピールポイントを作る
  • ・映画を観る大切さ
  • ・音楽を聴く大切さ
  • ・特技/趣味を増やす
技術力育成
技術を磨くためのレッスン、
実力がないと活躍できない世界
5.基礎技術
  • ・発声/滑舌
  • ・声量/呼吸法
  • ・リズム感
  • ・アクセント
  • ・イントネーション
  • ・作詞/作曲力
  • ・ウォーキング
6.表現力/感情開放
  • ・喜怒哀楽の感情表現
  • ・セリフ読解力
  • ・映像の表現力
  • ・舞台の表現力
  • ・体を使った表現力
  • ・コミュニケーション能力
  • ・パフォーマンス力
実践力育成
経験を磨く、人の前に立つこと、
みてもらう機会
7.審査会/イベント
  • ・人前に立つ心構え
  • ・客観的な評価の確認
  • ・目的を持った取り組み
  • ・結果を求める取り組み
  • ・協調性を養う
  • ・自分の必要性の体感
  • ・人としての責任感
8.自主企画公演
  • ・企画力の向上
  • ・プレゼン力の向上
  • ・責任性を養う
  • ・接客/おもてなし
  • ・集客の大切さ
  • ・ファンを増やす
  • ・裏方の仕事を体験
  • ・チームワーク力