お笑い芸人・放送作家になりたいキミのスクール。オーディション情報も満載!

0120-30-0151

資料請求・お問合せ

理事長メッセージ 理事長メッセージ

WCSは、エンターテイメントを単なるビジネスとして捉えるのではなく、人々に夢や希望すなわち生きることの素晴らしさを教えてくれる、 人間にとってなくてはならないものと考えます。それゆえに、この素晴らしいエンターテイメントを創造するためには専門技術だけでなく、 コミュニケーション能力やセルフプロデュース能力、そしてフレキシブルな対応力など、さまざまな能力が必要であると考えます。

そこで、WCSでは、業界直結の「専門技術カリキュラム」による実践シミュレーション型の授業を導入し、自分の個性を客観視でき、 マネージメントできるセルフプロデュース能力や、自己主張の理解を得るためのコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。

このようにWCSは、単に技術者や専門家のみを育てるのではなく、エンターテイメントの本質を理解し、 人間として価値のある生き方を追求する人材の育成を目的としています。

芸能界を目指す人たちの夢を叶えたい。スターを輩出して日本に元気を与えたい。 エンターテイメントに対して熱い志を持った方を心よりお待ちしております。

吉田 正樹 ワタナベエンターテインメント会長 お笑いコース監修

img

ProfileProfile

元フジテレビプロデューサー。「夢で逢えたら」、「笑っていいとも!」、 「笑う犬」シリーズ、「爆笑レッドカーペット」など多数の番組を手掛ける。 著書『怒る企画術!』 『人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ~「笑う犬」プロデューサーの履歴書~』

おもしろいことをするということは、おもしろくないことをよく知っておかなくてはいけません。 おもしろいことばかり考えるということは、おもしろくないことは何かを考えることにつながる。 つまり、世の中の全体像を掴み、広い常識を持っていなければ、非常識にもなれなければユニークにもなれない。 お笑い芸人というのは通常の人よりも常識人であることが必要な職業です。

そして、芸の道とは自分との対話。まず自分が何者であるのかを理解することから始めることが必要です。 まずお笑い芸人になるためのベーシックを学ぶことができることにより、早く自分自身のことがわかる。 そのための場所と時間と知識が得られるのがWCSです。そして、その環境の中で、強いエネルギーをもってこの世界を目指すこと。 エネルギーがなければどのような環境に身を置こうとも何も成し得ることができないのです。 笑いを極めていくことは世の中とのコミュニケーションを通じて世の中全体を変えることにつながります。 あなた自身が笑いを通じて時代を変える主人公になれることを信じています。目標に向かって迷わず進んでください。

ワタナベコメディスクール(WCS)はエンターテイメント業界で50年以上の歴史を持つ総合エンターテイメント企業 "ワタナベエンターテインメント" のノウハウと「全員ネタ/企画ができて、
全員ライブができるスクール」をコンセプトに、お笑いタレント/お笑い芸人/放送作家(構成作家)デビューにつながる最大のチャンスを提供している養成所です。
お笑い/バラエティのプロが集結し「業界で活躍できる人材」を育成、また、マスコミ就職・転職にも有効な番組制作・企画書作成・プレゼンスキルを習得できます。夢を実現する最高の環境がWCSにはあります。